バルクオムの成分を調査!男の肌に優しい?【発見した魅力を紹介】

バルクオムメンズスキンケアのバルクオム公式通販サイトで購入することで、「プロダクトカタログ(上画像)」がついてきます。

これには、バルクオムのそれぞれの製品の特徴や、成分がまとめられています。

はやたのアイコン画像はやた

つまり、使用感だけでなく、公開されている成分からもバルクオムは評価することができるってことですね!

ということで、今回はバルクオムの洗顔・化粧水・乳液の成分一覧、そして特徴的な成分から、バルクオムの魅力を探っていきます。

目次

バルクオムの成分を調査!【飛ばし見OK】

カタログ

さっそく、バルクオムの製品についてきた「プロダクトカタログ」を開いていくとしましょう。

まずは、ざっと成分一覧をまとめます。

のちほど、その中からバルクオムの魅力ともなっている特徴的な成分について触れていきます。

バルクオムの全製品に共通している成分と役割

まずは、バルクオムの全製品に共通している成分と、その役割についての一覧です。

  • 温泉水(保湿)
  • リンゴ果実培養細胞エキス(保湿・整肌)
  • グリセリルグルコシド(保湿)
  • 加水分解シルク(保湿)
  • チャ葉エキス(整肌)
  • ユズ果実エキス(整肌)
はやたのアイコン画像はやた

全製品に共通して含まれているということは、バルクオムの基礎とも言えるわけですね。

主に、肌を整えたり、保湿するための6つの成分です。

はやたのアイコン画像はやた

一番上の温泉水は、『日本最古の「美肌の湯」として知られている、出雲の玉造温泉水』だそうです!

バルクオムの洗顔の成分

ここからは、洗顔・化粧水・乳液それぞれの成分を一覧で並べていきますが、太字でマーカーが引かれているものが、「特徴的な成分」としてあとで紹介されます。

はやたのアイコン画像はやた

成分を一つずつ見ていっても、よくわからないですよね。なので、サッと飛ばして「特徴的な成分」のところまで行ってくださいね。

  • カリ含有石ケン素地
  • グリセリン
  • ソルビトール
  • BG
  • クレイミネラルズ
  • ベントナイト
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • 温泉水
  • ユズ果実エキス
  • チャ葉エキス
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
  • 加水分解シルク
  • マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
  • グリセリルグルコシド
  • トコフェロール
  • キサンタンガム
  • レシチン
  • 水酸化Na
  • グリシン
  • エタノール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

バルクオムの化粧水の成分

  • BG
  • グリセリン
  • トレハロース
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • 温泉水
  • ユズ果実エキス
  • チャ葉エキス
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
  • 加水分解シルク
  • グリセリルグルコシド
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • キサンタンガム
  • レシチン
  • PEG-60水添ヒマシ油
  • 水酸化Na
  • グリシン
  • エタノール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

バルクオムの乳液の成分

  • グリセリン
  • スクワラン
  • エチルヘキサン酸セチル
  • イソステアリン酸ポリグリセリル-10
  • BG
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • 温泉水
  • ユズ果実エキス
  • チャ葉エキス
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
  • 加水分解シルク
  • クレイミネラルズ
  • マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
  • グリセリルグルコシド
  • トコフェロール
  • ベヘニルアルコール
  • イソステアリン酸ポリグリセリル-2
  • パルミチン酸セチル
  • ステアロイルグルタミン酸Na
  • キサンタンガム
  • レシチン
  • エタノール
  • 水酸化K
  • 水酸化Na
  • グリシン
  • カルボマー
  • フェノキシエタノール
  • 香料

バルクオムは「男の肌に優しい」【特徴的な成分】

バルクオムの化粧水

さきほど、洗顔・化粧水・乳液の成分一覧であげた中で、「特徴的な成分」として太字にマーカーをひいたのは2つ。

クレイミネラルズ(洗顔・乳液)

水分は残しながら、皮脂に含まれるオレイン酸を吸着する作用に優れると言われている、栃木県鹿沼市のクレイ。

トレハロース(化粧水)

食品などにも多く使われている成分で、とても高い保水機能を有する「生命(いのち)の糖」とも呼ばれる天然の糖質。

特に、クレイミネラルズに関しては、バルクオムが「男性の肌を考えつくして」作られていることを感じさせてくれる成分です。

バルクオムは、多くの男性向け洗顔料が「落とすこと」を魅力として打ち出している中、「落としすぎない」ことをあえて打ち出しています。

バルクオムの洗顔を使ってみて気がついた魅力【洗顔のみでOK?】でも紹介したように、「男性の肌に必要なうるおい」まで落とさないように作られているのが、バルクオムの魅力ですね。

また、【口コミ検証】バルクオムを3人でレビューしてみた!ガチの評価は?では、「化粧水がひげ剃り後でもしみない」なんて嬉しい声も。

価格も魅力のひとつ

バルクオムの魅力は、製品だけではありません。

本来、スキンケアは毎日やるもの。それにぴったりな定期コースのみを販売していること、そして定期コースだからこそ実現できた価格も魅力の一つです。

はやたのアイコン画像はやた

初回購入の割引だけじゃなく、毎回10%OFFになるのも大きいんですよね。1年単位でみるとかなりオトク。

今なら、メンズスキンケアのバルクオム公式通販サイトから「洗顔・化粧水・泡だてネット」のセットを91%OFFの500円で手に入れられます!

はやたのアイコン画像はやた

成分を見てもわかるように本格的なスキンケア用品なのに、格安で手に入れられるのはありがたい!

23日間全額返金保証など、サポートも充実しているので、500円と格安の間にはじめてみましょう!

価格については、バルクオムの値段を比較→最安値は公式でした!【年に1.5~2.5万お得】で詳しくまとめています。

友達に教よう!
目次
閉じる